アイリス司法書士事務所(淀屋橋)

当司法書士事務所へのお問い合せ
債務整理

債務整理

債務整理イメージ

債務整理とは、借金問題で悩まれている方の月々の返済額を減額・免除することです。

ご自身の収入や支出、所有する資産等の生活状況に応じて手続は異なります。

いずれの手続を取っても、司法書士へ受任した時点で借入先からのお客様に対する督促はすべてストップします。

債務整理手続には、主に以下の3つの方法があります。

任意整理手続

任意整理手続とは、お客様から毎月の可能な返済額をお伺いしたうえで、各借入先と和解契約を締結し、返済をしていく方法です。裁判所を介した法的手続ではありませんので、他の方法よりは比較的簡単に行うことができます。

ただし、返済期間が3~5年と長期に渡るので、病気や失業によりお客様の経済状況が悪化する場合も考えられます。そのため、返済期間中でもある程度の余裕をもって生活をしていくことができるかどうかが重要なポイントとなります。

②破産手続

破産手続とは、裁判所へ申立を行い、免責許可決定を得ることによって返済を免れる方法です。借金問題で悩まれていたお客様を救済し、お客様が借金とは無縁の新たな人生設計を建てることを手助けするために認められた法律上の制度です。

病気や失業により収入がない方、収入があったとしても①の任意整理手続では返済が困難な方が対象となります。
ただし、借金がすべてゼロになり返済する必要がなくなる一方で、不動産などの高額な資産を有する場合は手放す必要があります。

その他にも破産手続をすることで一定の制約はありますが、お客様が日常生活を営むうえでの大きなデメリットはほとんどないといえます。

③個人再生手続

個人再生手続とは、返済額を借金総額の5分の1(借金の額により割合は異なります)に減額し、3年間で支払うという返済計画案を立て、裁判所から認可をもらい、返済していく方法です。例えば500万円の借金を抱えた方であれば、返済額は100万円に減額されます。

①の任意整理手続とは異なり、返済額を大幅に減額することができます。また、②の自己破産手続とは異なり、住宅を維持しながらこの手続を取ることも可能です。
ただし、返済が間違いなくされるように、お客様に継続的収入があることが条件となります。

上記①~③の手続のいずれを取るかは、お客様と面談し、ご意向をお伺いしてから決めております。その他、過払い金の返還やヤミ金からの借金についてなども対応しております。

ご利用料金の目安

任意整理手続

事務手数料21,000円
5社まで1社につき18,900円
6社以降1社につき10,500円

例)7社からの借入の場合
21,000+18,900×5+10,500×2=136,500円 の費用が発生します。

過払い金が発生した場合は返還金×21%の成功報酬をいただきます。
減額報酬は一切いただいておりません。
自己破産手続 21万円~(個人の事案によって異なります)
個人再生手続 25万円~(個人の事案によって異なります)

一人で悩んでいても問題は決して解決しません。まずはお気軽にご相談ください。

アイリス司法書士事務所と一緒に解決していきましょう。

御相談はこちら
TOPへ戻る